Galapagos Tour

ガラパゴスツアー専門旅行会社ワールドエクスプローラ

旬の情報便

Twitter
Tweet map
現地情報のリアルタイム配信

TOP > ダイビング情報 > ダイビングスタイル

ダイビングスタイル

ダイビングスタイル

ドリフトダイビング

ドリフトダイビング

ドリフトダイビング

【ダイビング前】
ダイビングチームを作り(1チーム6~8名)、チームごとにブリーフィングが行われます。日本人ガイドは乗っていません。ブリーフィングは主に英語が使用されます。英語に不安がある方でもわかりやすいように、ボードや写真などを使って説明してくれるので、安心です。

【移動】
クルーズ船からゾディアックに乗り換えてダイビングポイントへむかいます。バックロールエントリーが基本。

【ダイビング】
ほぼすべてのポイントでドリフトダイビングとなります。浮上時はフロートをあげたのち、ゾディアックがピックアップしてくれます。1日4本(日中)潜るのが一般的。水深は平均20m、最大30mほどです。ナイトロックスのライセンスをお持ちの方は、ナイトロックスの使用をおすすめします(別途料金が必要)。

【注意】
●ダーウィン・ウォルフ島周辺は流れも強く、上級者向けのポイントとなります。潮の流れに逆らわず落ち着いて、ガイドの動きを見て行動してください。
●南国のダイビングポイントに比べて水温が低めです。フードベストやインナーなどの防寒対策を忘れずに。

Copyright c 2011 World Tour Planners Co.,Ltd. All Rights reserved